夏期講習会

高校生のための夏期講習会

夏の宿題応援団コース&夏のライブ授業コース
夏の嬉しい特典

夏期講習時間割

夏期講習『ライブ授業』時間割

2019夏期講習時間割(高校部)

夏期講習『宿題応援団コース』時間割

2019夏期講習時間割(高校部)

2019 夏期講習時間割(PDF)

※センター英語リスニングは、8/3 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30、8/10 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30、8/24 PM3:50~PM4:40の5回完成です。
※センター英語listening & speakingは、8/3 PM3:50~PM4:40、8/12 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30、8/24 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30の5回完成です。
※どの期間(ターム)からでも受講できます。
※7/27、28、8/3、4、10、11、18、24、25はライブ授業はありませんが自習室は利用できます。
※8/12、13、14、15は休塾日となります。

受講料

夏の宿題応援団コース

1講座30分×5回の個別指導

選択科目数 受講料(税込)
1講座(30分×5回) ¥23,000
2講座(30分×10回) ¥35,000
3講座(30分×15回) ¥47,000 
4講座(30分×20回) ¥59,000 
5講座(30分×25回) ¥71,000 
6講座(30分×30回) ¥83,000 
  • 夏の宿題応援団コースと夏のライブ授業コースを併用して受講される方は、受講料より1万円割引となります。
  • 夏の宿題応援団コース、夏のライブ授業コースをお申し込みいただいた日から8/31まで自習室が利用できます。またいつでも質問ができます。
  • 『夏期自習室+質問受付コース』は、『夏の宿題応援団コース』、『夏のライブ授業コース』に含まれています。

夏のライブ授業コース

1講座50分×5日間完成

選択講座数 受講料(税込)
1講座 ¥23,000
2講座 ¥28,000
3講座 ¥33,000
4講座 ¥38,000
5講座 ¥43,000
6講座 ¥48,000
7講座 ¥53,000
8講座 ¥57,000
9講座 ¥61,000
10講座 ¥65,000
  • 夏の宿題応援団コースと夏のライブ授業コースを併用して受講される方は、受講料より1万円割引となります。
  • 夏の宿題応援団コース、夏のライブ授業コースをお申し込みいただいた日から8/31まで自習室の利用ができます。またいつでも質問ができます。
  • 『夏期自習室+質問受付コース』は、『夏の宿題応援団コース』、『夏のライブ授業コース』に含まれています。
  • ライブ授業コース「高3生」理科(無機化学10日間)、社会(「日本史文化史10日間」、「センター世界史(中国史10日間)」、「センター地理10日間」)は、10日間集中コースです。この講座は2講座分の授業料となります。

夏期自習室+質問受付コース

自習のみを利用したい方におすすめです。質問もできます。

期間 受講料(税込)
7月22日~8月31日 ¥17,000
  • 『夏期自習室+質問受付コース』は、『夏の宿題応援団コース』、『夏のライブ授業コース』に含まれています。

夏期講習会お申し込みフォーム

2019 夏期講習受講申込書(PDF)

ご希望の受講コースにチェックをして下さい。
複数のコースを選択することができます。(送信後での変更も可能です)

受講希望コース(必須)

・『夏期自習室+質問受付コース』は、『夏の宿題応援団コース』、『夏のライブ授業コース』に含まれています。

夏の宿題応援団コース

ご希望の講座にチェックをして下さい。お申込み後、担当講師と指導内容や日程について打ち合わせを行います。

英語
国語
数学
理科
社会

夏のライブ授業コース

ご希望の講座にチェックをして下さい。(送信後の変更も可能です)
高3生(無機化学10日間)は、第1ターム・第2タームの2タームを通した内容になります。
高3生(日本史文化史10日間)は、第3ターム・第5タームの2タームを通した内容になります。
高3生(センター世界史【中国史10日間】)は、第4ターム・第5タームの2タームを通した内容になります。
高3生(センター地理10日間)は、第4ターム・第5タームの2タームを通した内容になります。
※ターム・時間はページ上部の夏期講習時間割をご覧ください。

高3生

第1ターム-1限目

『受身の後に名詞は続かない』『時制は流れ作業で答えが出る』といったウラ技を知って、逆にそこから理解がついてくることもあります。センター試験の文法問題を徹底的に分析して、出題分野を絞り込み、攻略する。

第3ターム-1限目

センター長文読解の第3問~第6問の長文読解は約140点の配点があります。英文をすばやく読み取る戦略と時間短縮のテクニックを教えます。この5日間で配点の高いセンター長文問題を『得点源』にする!

8/3 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/10 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/24 PM3:50~PM4:40

8/3 PM3:50~PM4:40
8/12 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/24 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30

第2ターム-1限目

センター試験は、制限時間の60分間が圧倒的に短く感じられます。解けるだけではだめで、相当なスピードが要求されます。対センター試験用の公式を使って、素早く処理できるようになりましょう。

第4ターム-1限目

穴埋め形式特有の解答方法と答え方にも今のうちから慣れておくことが大切です。出題者が用意しているヒントを上手に用いるとあっさり解決することができます。

第3ターム-2限目

過去問・類題を読解演習していく中で、文法・句法などの基本事項を整理、確認して、しっかりおさえていきます。現代文・古文・漢文のそれぞれの解答の見つけ方の習得を目指します。

第5ターム-1限目

理論化学から「気体の計算」「化学平衡とその移動」「電池と電気分解」「気体の溶解度」、有機化学から「異性体」をピックアップして解説と演習を行います。

第1ターム・第2ターム-0限目(10日間完成)

受験生から覚えればなんとかなる分野と思われている無機化学ですが、重要度の高い低いの区別なしに全部覚えようとすると量が多すぎて無機化学は大嫌いになります。気体の性質・製法、アンモニアソーダ法などの工業的製法、金属イオンの分析など頻出の項目を完璧にしていきましょう。

第3ターム・第5ターム-0限目(10日間完成)

文化史全般を講義しますが、とくに政治史や経済史とからめて問われる箇所を重点的に扱います。単発的な暗記事項は一問一答形式のプリントで補充していきます。授業には図表の本を持参してください。

第4ターム・第5ターム-0限目(10日間完成)

『中国史を制する者は世界史を制する』センター試験で毎年30%以上出題される中国史の古代から現代までを、完璧に講義します。大きな歴史の流れの中で細かい事項も、むらなく解説していく。

第4ターム・第5ターム-0限目

センター試験で頻出である人口・集落・消費・環境問題など、受験生が落としがちな分野を講義します。地理は、問題演習が重要ですので、授業にも問題演習をどんどん取り入れていきます。

高2生

第1ターム-1限目

『受身の後に名詞は続かない』『時制は流れ作業で答えが出る』といったウラ技を知って、逆にそこから理解がついてくることもあります。センター試験の文法問題を徹底的に分析して、出題分野を絞り込み、攻略する。

第4ターム-2限目

英語は暗記が中心という高校生は多い。でも、ロジカルな読解法を用いて単語や文の内容を推測している人は少ない。まずandやthatの機能を知り、読解の基本ルールを身につければ英文の読み方がかわってくる。

8/3 PM3:50~PM4:40
8/12 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/24 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30

第1ターム-2限目

この講座では、古文の基礎となる文法、古文常識、単語力を文章を読む中で養成します。古文に苦手意識をもっている人も、基礎の基礎からやっていきますので安心して受講してください。

第2ターム-2限目

この講座では、どんな試験にも出やすい重要な句法句形を伝授します。漠然と問題を解くのではなく根拠に裏打ちされた確かな実力を養成します。

高1生

第4ターム-2限目

英語は暗記が中心という高校生は多い。でも、ロジカルな読解法を用いて単語や文の内容を推測している人は少ない。まずandやthatの機能を知り、読解の基本ルールを身につければ英文の読み方がかわってくる。

8/3 PM3:50~PM4:40
8/12 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/24 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30

第1ターム-2限目

この講座では、古文の基礎となる文法、古文常識、単語力を文章を読む中で養成します。古文に苦手意識をもっている人も、基礎の基礎からやっていきますので安心して受講してください。

第2ターム-2限目

この講座では、どんな試験にも出やすい重要な句法句形を伝授します。漠然と問題を解くのではなく根拠に裏打ちされた確かな実力を養成します。

氏名・住所

お名前(必須)
ふりがな
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
高校名(必須)
学年(必須)
ご住所
住所
質問・お問い合わせなど
Top