夏期講習会

予備校生のための夏期講習

夏期講習時間割

※画像をクリックするとPDFが別ウィンドウで開きます。時間割の印刷も行えます。

summer_yobiko_jikanwari

講座紹介

※それぞれ画像をクリックするとPDFが別ウィンドウで開きます。講座紹介の印刷も行えます。

summer_yobiko_shoukai01
summer_yobiko_shoukai02
summer_yobiko_shoukai03
summer_yobiko_shoukai04

受講料

講義形式講座【単科コース】

選択講座数 受講料(税込)
3講座 ¥33,000
4講座 ¥38,000 
5講座 ¥43,000 
6講座 ¥48,000 
7講座 ¥53,000 
8講座 ¥58,000 
9講座 ¥63,000 
10講座 ¥68,000 
11講座 ¥73,000 
12講座 ¥78,000 

講義形式講座【総合コース】

選択講座数 受講料(税込)
13~14講座 ¥82,000
15~16講座 ¥86,000 
17~19講座 ¥91,000 
20~22講座 ¥96,000 
23~25講座 ¥101,000 
26~28講座 ¥106,000 
29~31講座 ¥111,000 
32~34講座 ¥116,000 

マンツーマン個別講座

選択講座数 受講料(税込)
1講座(50分✕5回) ¥19,500
2講座(50分✕10回) ¥39,000 
3講座(50分✕15回) ¥58,500 
4講座(50分✕20回) ¥78,000 
5講座(50分✕25回) ¥97,500 
6講座(50分✕30回) ¥117,000 

夏期講習申し込みフォーム

2019 夏期講習受講申込書(PDF)

ご希望の受講コースにチェックをして下さい。
複数のコースを選択することができます。(送信後での変更も可能です)

受講希望コース(必須)

※マンツーマン個別講座はオプション講座ですので、講義形式講座の申込者のみ申込むことができます。

講義形式講座

ご希望の講座にチェックをして下さい。(送信後の変更も可能です)
センター古文10日間は、第3ターム・第4タームの2タームを通した内容になります。
無機化学10日間は、第1ターム・第2タームの2タームを通した内容になります。
生物 生殖・遺伝・発生10日間は、第1ターム・第3タームの2タームを通した内容になります。
日本史文化史10日間は、第3ターム・第5タームの2タームを通した内容になります。
センター世界史(中国史)10日間は、第4ターム・第5タームの2タームを通した内容になります。
センター地理10日間は、第4ターム・第5タームの2タームを通した内容になります。
※ターム・時間はページ上部の夏期講習時間割をご覧ください。

英語

第4ターム-3限目

過去のセンター本試・追試を徹底的に分析し、出題される箇所を絞り込んで講義する。ある一つの核心を突けば、イモヅル式に解答できる分野が中心。厳選された良問を通じて第2問タイプの4択語法攻略の奥義を伝授する。

第1ターム-6限目

第3問を苦手とする受験生は多いです。前後関係を読み取って、不要な文を選ぶ問題、対話文を読んで要約している英文を選ぶ問題など。制限時間内に、第3問を攻略する『作戦』を君たちに伝授する。センター第3問は、この講座で完璧!

第2ターム-4限目

近年傾向が変わった第4問・第5問。時間が足りないという受験生の声が多い。第4問ではグラフを読み取る戦略と時間短縮のテクニックを、第5問では小説特有の流れのつかみ方をマスターし、第4問・第5問の満点を目指す。

第5ターム-3限目

段落ごとに設問に答える練習、設問にヒントをとる練習、解答の根拠を本文中に見つける練習をします。あわせて読解に必要な文法事項も講義します。200点満点のセンターの中で36点を占める第6問を得点源にする。

第1ターム-2限目

センターおよび私大で頻出の文法事項を扱います。4択問題から並び替えまで、様々な形式の問題に対応できるような真の実力を養います。文法が苦手な生徒を対象にします。ただの暗記ではなく、頭を使って解く問題を中心に解説していきます。

第2ターム-3限目

ただ漠然と英文を読み、解答の和訳を読んで勉強したつもりでいる人。一丸式読解法は、いかなる英文でも常に力を引き出せる解法です。厳しさの中に愛がある、涙が出るくらいわかりやすい、そんな5日間を共に過ごそう。

第4ターム-5限目

国公立2次試験において、長文読解が合否を決めるといっても過言ではありません。入試レベルの長文を読む際のテクニックやポイントを押さえながら、語彙力や文法力も身につけていきます。長文読解のコツを習得し、夏に一気に実力アップしましょう!

第3ターム-6限目

熟語やイディオムを紙にかきなぐったり、何回もみたり、苦労して覚えている人が多いでしょう。しかし、熟語やイディオムには『法則』があって、それを理解すれば、一網打尽にできるものが数多くあります。この講座で熟語やイディオムを一気に増やしましょう!

8/3 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/10 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/24 PM3:50~PM4:40

リスニングでは「速読」が上達のカギとなってきます。リーディングの時のように「戻り訳」をしていてはリスニングの「音の流れ」には絶対に対応できません。ここでは「戻り訳をしない」癖をつけ、リスニング攻略法を伝授します!

8/3 PM3:50~PM4:40
8/12 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30
8/24 PM1:30~PM2:20、PM2:40~PM3:30

リスニングに必要な『速読力』『単語力』のスキルアップとリスニングで必ず出てくる『linking=音の連結』について伝授します。授業の80%は英語で行いますので、英語を話すチャンスと英語耳に近づくチャンスです!

数学

第1ターム-5限目

センター試験で頻出する問題に対するアプローチ方法が中心です。頻出問題の演習を行っていきます。1日目から5日目まで順に『数と式』、『集合と論理』、『2次関数』、『図形と計量』『データの分析』の順に扱います。マーク試験特有な誘導形式の読み方から始めます。

第2ターム-5限目

この講座ではセンターⅠAの選択問題として出題される第3・4・5問(確率・整数の性質・図形の性質)を取り扱います。センター試験特有のショートカットによる計算方法を解説します。また、計算ミスをしないための工夫や、時短テクニックなどの知っていれば大幅な点数アップが見込めるポイントも説明します。

第3ターム-4限目

センター試験の全出題範囲のうち、最も配点が大きいのが、微分・積分の30点であることを知っていますか?この講座では、その重要な微分・積分を含めた、センター数ⅡBの必答問題を扱います。三角関数や指数・対数関数はもちろん、時々出る、式と図形も扱います。

第4ターム-4限目

センター試験の過去問から、今後も出題が予想される傾向の問題を、『ベクトル』と『数列』の2つについて、順を追って基本問題からやや高度な問題までを扱います。夏は前期の授業の復習をキチンとして、基礎がしっかりできているかセンターレベルで確認しましょう。

第5ターム-4限目

入試問題を解くのに必要で、知らないと圧倒的に不利になることが多々あります。実際に限られた時間の中で、確実に得点するには技術が必要です。テーマをいくつか絞って実戦力アップをめざします。範囲はⅠA・ⅡBになります。

第4ターム-6限目

複素数平面では、まず第一に『矢印』、次に『点』、もう一つ『回転』と3つの性質をもつ複素数です。また、2次曲線では放物線、楕円、双曲線のそれぞれを、定義に基づいて一般形を導くことから始めます。

国語

第1ターム-1限目

第一問(評論)では、早く正確に文意を読みとる力が要求されます。夏期から過去問を解いて長文問題に慣れ、どんな文章でも読みこなせるようになっておきましょう。まさに、備えあれば憂いなしです。

第3ターム-1限目

『虚構で真実は描けるのか?』こんなテーマで、小説の世界を旅します。1.登場人物の言動から、人物像・心情を探る。2.情景、描かれた世界を想像する。3.それらを対象化する。すると、問題も自然に解けます。

第3ターム-3限目・第4ターム-2限目(10日間完成)

一途にセンター向けの読解演習をします。①地の文・心中語・会話文の見分け。②主語・述語の関係、動作主や人物関係の正しい把握。③様々な角度からの内容吟味(登場人物の言動心情など)。④古語、文法、修辞法等の基本事項。

第5ターム-1限目

最も短期間で点数が伸びる科目が漢文。よく出る構文というのは決まっています。実際に問題を解きながら、その構文を確認していきましょう。人気のセンター対策国語漢文編。これで漢文は恐くない。

第2ターム-2限目

助動詞、古文特有の単語など、古文読解の基礎に重点を置いて古文の基礎読解をやっていきます。この講座の中で古文読解に必要な知識は十分養えます。古文に対する苦手意識を克服し、大幅な得点アップを目指します!

第3ターム-2限目

漢文はセンター試験で基礎問題が多く出題されます。そこで、この講習では、句法中心に漢文の基礎をしっかり身につけます。基礎を学んで応用力へつなげましょう。

理科

第1ターム-4限目

テキストの『第6章 原子物理』を扱います。原子の中つまり目に見えないミクロな世界を扱い、力学・波動・電磁気を使う総合的な分野になります。難しく感じるかもしれませんが、+αの本質的な事を押さえれば、前に使った考え方や公式で解ける簡単な分野になります。

第3ターム-5限目

テキストの『第5章 熱』を扱います。物質を作っている分子や原子の不規則の運動を、仕事と熱の量的な関係、気体の体積・圧力・温度の間にある法則性、気体分子の運動の立場からの気体の圧力や温度、また、気体のエネルギーの保存を学ぼう。

第5ターム-6限目

力学は、まずベクトル量とスカラー量の違いを理解し、設問の条件に注意しよう。波動は数学的要素が高く苦手な人が多いが音波・光波の問題は頻出ゆえ、そこを中心に基本的なことを理解していくと、点数がとれるようになります。

第1ターム・第2ターム-6限目(10日間完成)

受験生から覚えればなんとかなる分野と思われている無機化学ですが、重要度の高い低いの区別なしに全部覚えようとすると量が多すぎて無機化学は大嫌いになります。気体の性質・製法、アンモニアソーダ法などの工業的製法、金属イオンの分析など頻出の項目を完璧にしていきましょう。

第5ターム-5限目

これまでの授業などで学習が完了している分野のセンター試験レベルの問題演習を行います。センター第1問、第2問の理論化学と第3問の無機化学を演習して、この分野の完成を目指します。

第2ターム-6限目

苦手な人の多い化学平衡の分野について解説します。順を追って反応速度から理解していけば化学平衡は意外と簡単です。化学平衡の法則やルシャトリエの原理もコツをつかめば間違えません。ここまで理解できれば、電離平衡も化学平衡の法則を使っているだけなので弱酸の電離、緩衝溶液なども攻略できます。

第3ターム-6限目

反応速度、可逆反応、平衡状態、化学平衡の法則、ルシャトリエの原理などの化学平衡分野の入試問題の演習を行います。さらに弱酸の電離平衡、緩衝溶液、塩の加水分解などのpH計算演習にも挑戦します。

第1ターム-4限目・第3ターム-5限目(10日間完成)

「減数分裂」「一次卵母細胞」「胚のう細胞」など生殖と発生の動植物の配偶子形成では大量の用語がでてきます。この夏に頑張って整理して頭に叩き込んでいきましょう。ウニやカエルの発生でもどこがどうなっていくのかわかれば考察問題でも助けになります。効率的な図の書き方を伝授します。遺伝計算は生物の中でも計算がやっかいなところですが、配偶子や表現型の比にポイントがあります。

第5ターム-6限目

「生物」の分野である個体群、種内関係、種間関係などと「生物基礎」の分野であるバイオーム、遷移、生態系、物質循環などを総合して解説を行います。二次試験で「生物基礎・生物」の人はもちろんセンター試験で「生物」の人にも対応しています。

第5ターム-4限目

生物基礎では植物名を覚えるのが大変なバイオームや遷移などが含まれる「植生の多様性と分布」、用語が難解な総生産量や物質循環などが含まれる「生態系とその保全」の解説の授業を行います。地学基礎では断面図から地層の形成順を読んだり、古生物がゾロゾロ出てくる「移り変わる地球」の解説の授業を行います。

社会

第3ターム・第5ターム-7限目(10日間完成)

文化史全般を講義しますが、とくに政治史や経済史とからめて問われる箇所を重点的に扱います。単発的な暗記事項は一問一答形式の岩崎式必勝テキストで補充していきます。授業には図表の本を持参してください。

第4ターム・第5ターム-7限目(10日間完成)

『中国史を制する者は世界史を制する』
センター試験で毎年30%以上出題される中国史の古代から現代までを、完璧に講義します。大きな歴史の流れの中で細かい事項も、むらなく解説していく。

第4ターム・第5ターム-7限目

センタ−試験で頻出である人口・集落・消費・環境問題など、受験生が落としがちな分野を講義します。地理は、問題演習が重要ですので、授業にも問題演習をどんどん取り入れていきます。

第4ターム-1限目

センター政治経済と現代社会で高得点をとるには『必要不可欠な知識を問う問題』と『考え方を理解してないと解けない問題』の両方を攻略することです。受験生が苦手な良問を解くことでセンター試験で点数がとれる実践的な学力を身につけていきます。

マンツーマン個別講座

ご希望の講座にチェックをして下さい。お申込み後、担当講師と指導内容や日程について打ち合わせを行います。

英語
国語 / 小論文
数学
理科
社会

氏名・住所

お名前(必須)
ふりがな
メールアドレス(必須)
携帯電話(必須)
ご住所
住所
出身校(必須)
志望系統
質問・お問い合わせなど
Top